感謝

お風呂に入っている時に、『お風呂って有り難いな』と手を合わせました。

 

普段生活していると『感謝』する場面は数多くあります。 が、それに気付かず『当たり前』として生活してしまうことがあります。

 

世の中にある『当たり前』は実は当たり前ではなく『奇跡』に近いことばかりです。

 

例えば、今住んでいる『地球』

地球こそ奇跡の存在。 太陽からの絶妙な距離によって『命』が住むことが出来る環境があります。

宇宙を探しても、なかなかこんな好条件の星はありません。

その奇跡の上に私たちは『住まわせていただいている』のです。

 

だから『地球さん有難う』と手を合わせて感謝しても良いのです。

私はいつも家でご飯を食べるときに

『太陽さん、お月さん、地球さん、神様、ご先祖様、有難う』

と言ってからご飯を食べています。

 

『宇宙』さんが抜けていることに今書いていて気づいたので、今度からは『宇宙』さんも付け加えたいと今、思いました。

 

自分が行きている周り全てに感謝しても損はしません。

逆に、感謝しなくても生きていけます。

また、感謝しながら生きていても、特に良いこともありません。

 

でも、私は『感謝』しながら生きたいのです。 『有難う』の言葉を使いたいのです。

 

個人的には、感謝しながら生きていくとちょっと幸せです。 それらを忘れた時はなんだか『無機質』で味気ないよのなかになってしまいます。

 

『何事にも感謝』して生きることをお薦めでですよ。

 

(^^)/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。