目が合うのはメッセージ

他の人と目が合うのは偶然ではありません。

 

私たちが普段生活していると、時にふとした瞬間に他の人と目が合う瞬間があります。

 

私たちは、偶然目があってもそこに意味を感じず、そらしてしまうことが殆どです。 ただこの目が合うという現象には実は意味があり、そこには今の自分にとってのメッセージと相手に対してのメッセージががるという合図なのです。

 

日本には、『眼は口ほどに物を言う』と言うことわざがありますが。 実は、これは真実で眼は『偶然の一致』の合図なのです。

 

よく考えて見てください、他の人と眼が合うって『偶然の一致』ですよね。

 

眼が合うこと自体は、小さな偶然の一致かもしれませんが、そこにはとても大きな偶然の一致が隠されており、いま自分に必要な情報を相手がもっていますよ。 というサインなのです。

 

そのサインに素直にしたがって見ると、相手から色々な自分が必要としている情報を引き出すことができます。 

 

ただ引き出すためには、場の空気間を高めなくてはいけませんが・・・。

 

まず第一歩として、眼が合った人には率先して声をかけて行くことが新しい道を開くきっかけになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。