変なプライド

変なプライドなんて捨ててしまえ。

 

何故、いつまでもその変なプライドを持ち続ける。

それを持っていて何か良い事があるのか。

その変なプライドのせいで、人を困らせたり、周りに迷惑をかけていないか。

考えてみるといいだろう。

 

もっと素直でいいだろう。

『間違った』事を一生懸命正当化しようとしても、それは『間違った事』でしかない。

何故、言い訳をする。

素直に認めれば良いではないか。

認める事が出来ない何かがあるのか。

 

それは己の変なプライドではないのか。

一度考えて見るといい。

 

変なプライドで人様に迷惑をかけていた事、かけた事に気付いたのなら今から改めればよいではないか。

何か間違ってしまって一生懸命言い訳をしていた自分に気付いたら、明日から素直に謝ればよいではないか。

 

素直に謝れば、解決の時間が圧倒的に早くなるし、なにより『人を悪い気分』にさせる事はなくなるだろう。

変なプライドなんていらない。

必要なのは、素直と優しさである。

素直で優しければ、問題が問題にならず、そして接する世界が今までのようなギクシャクした世界ではなく、優しい世界に変わるだろう。

選ぶのは自分。

さてどっちにいくのかの~。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。