気付き

いかなる理由があろうとも、人の命をあやめてはいけない。

 

私達は経験するためにこの世に送り出した。 その送り出した魂の経験を途中で終わらせる権利は本人にもない。 全ては生に委ねられている。

 

あなたはこちらの世から旅立つ時に、何を思い考えたかもうお忘れであろう。 しかしあなたが生きている限りそれを追い求め生きるであろう。

 

旅の途中で終わらせる権利は誰にもない。 私達にもない。

あなたの肉体の活動が終わった時、また魂は私達の所に帰ってくる。 私達はいまだかつて死んだことはない。 肉体は滅びても魂は私達のグループで生き続けている。 この集合体とも言える。

 

肉体を持つ魂の活動を、また違う肉体を持つ魂の存在が止めることは決してあってはならぬ。 これは悲しみである。

 

あなたがたは、肉体の活動を全うしなければいけない。 それが愛の存在の願いである。 もう気づいている肉体(人)もあろう。 魂は常に導いている。 全ては幾多の道から選んでいるだけなのだ。

 

戻ることも出来る。 進むことも出来る。 全ては自由だ。

魂は、気付きのチャンスを常に与えている。

 

あなたは気づいたろうか。 あなたは感じているだろうか。

あなたは良いことと悪いこと、そして自制する気持ちを持っているだろうか。

 

全ては気付くことが始まりなのです。

4 Replies to “気付き”

  1. 国境のない平和とは実現出来ないのでしょうか。
    一度、知人にバカにされた事があるのですが・・・・宗教の違い神の違いで、なぜ争いは起きるのだろう? と、どんな神さまも争いを望んでいないのではないかと・・・・人間の受け取る解釈の問題ではないのか・・・・。
    知人は、民衆を統制する為には宗教が必要だと・・・・・。
    私が、1つの神さま・・・計り知れない大きなものが神様であるとしたならば、世界中が争わないのでは無いかと・・・。
    煩悩のかたまりの私が昔 ふと、思った事です。

    お~、今日は思考回路が止まっていて仕事が手に付かず・・・つい、独り言 書いちゃいました。
    前に進め~自分・・・・。

    いつもありがとうございます。

    1. とぷぷさん、こんにちは。

      国境のない世界は、いまはまだその時では無いように思います。 やがてそういう日が来るとは思いますが、何世紀先のことやら・・・。

      宗教の違いで争いが起こることは、大変悔やまれることですね。 ただ、争う人たちは、心の支えとしての宗教ではなく、宗教を利用したエゴの塊です。

      つまり自分を正当化するため、自分に良いように解釈し利用するのです。

      これでは本当の意味での信仰ではありませんね。

      >民衆を統制する為には宗教が必要だと・・・・・。

      この発言された方は、何世紀に生きた方なのでしょう?
      十字軍の遠征の時代?
      プロテスタント、カソリックが争っていた時代?
      キリストが誕生した2000年前の時代?

      ある国では宗教によって人を纏めることが大事ですが、今ほとんどの先進国では、宗教は心の拠り所となり、統制の道具としての役割は終えていますよね。

      >私が、1つの神さま・・・計り知れない大きなものが神様であるとしたならば、世界中が争わないのでは無いかと・・・。

      素晴らしいご意見ですね。 私が感じている神様は、宇宙です。 宇宙自体が神様です。 そして愛の集合体です。

      但し、神様は人々がそれぞれの愛を実践し、実証するためにそっと手を差し伸べているだけです。 つまり機会は与えられていますが、選択するのは肉体を持った人の役割です。

      例えば、隣の人と喧嘩する選択もできますし、愛に気づき非暴力で接する選択も出来ます。

      神様とは、つまり舞台を用意してくれる存在で、便利屋さんではありません。 神は機会は与えますが、自由に各々が選択出来るようになにも縛りません。

      そして愛経験した人が、この肉体からはなれ魂のふるさとに戻る時に、まずは自分のグループに戻ります。 そしてそのグループが沢山、沢山集まった集合体が神様だと感じています。

      つまり私達一人ひとりが小さな神様なのです。
      だからとぷぷさんも、愛を実践し、愛を持って日々生活すれば、一つ神様の目的の愛のそれぞれの形の実践を行っていることになります。 

      神様は沢山の愛のフィードバックの集合体とも言える存在です。 

      神は無であり、始まりであり、終わりである。 
      その神を感じる手段は、小さな神様の自分自身を磨き、よく対話する事です。 そして感謝と愛を日々大切にしていけば、一つの目的の愛の実践が出来き、この意識の高まりがやがて争いや揉め事がなくなっていくキッカケになっていくのではないでしょうか。

  2. おはようございます。
    私にとって重いブログとは、深く考えてしまう内容の書き込みの意味なのです。自転車のブログと今回の内容は違いますよね。
    日常生活を頑張りながら悟りを開いてブログに公開してくれてありがとうございます。
    自分の心に手を当てながら穏やかに生活したいと思います。(
    すぐ感情的に…..)
    いつも意味不明な事書いてごめんなさい!

    1. 不思議さん、こんにちは。

      重いブログとは、深く考える内容の事なのですね♪
      私自身、ブログを書くときは自分がメインで書くのか、私の中の感情をメインで書くのか、それとも別なものをメインで書くのかいつもその日の気分で書いています。 そうそう直観さんがメインの時もあります(。◕ˇε ˇ◕。)♡

      >日常生活を頑張りながら悟りを開いてブログに公開してくれてありがとうございます。

      悟りなんてたいそうな物ではございませんよ。 私は私でいるために日々生活しているだけです。 うまくいくこと、うまくいかないことたくさんありますが、諦めないで進んでいくことで色々学ばせて頂いております。

      >自分の心に手を当てながら穏やかに生活したいと思います。

      それは素晴らしいと思います。 心とは脳の中にはない存在です。 その存在を認め共存することはとっても役に経つと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。