愛とは無限

愛は無限です。

 

愛は求めれば足りない物です。

私たちはこの世の中に、愛の存在によって産まれました。

 

私たちは自分の中の愛を表現するために存在します。

様々な愛があります。

 

ただ一つだけ確実に言えることは『愛は無限』と言うことです。

自分の中にある愛は、自分に愛がある限り無限の存在です。 その愛は大いなる存在と繋がり、無限に降り注がれています。

 

愛は求めると砂漠のように枯渇します。

愛は見返りを求めると消えてなくなります。

 

愛はただ与えるだけの物です。

 

愛を見返りをもとめず、与えることが出来ればその時、無限の愛に自分が繋がるでしょう。

 

そして気付くはずです。

『自分そのものが愛なのだ』と。

 

ただそこにたどり着くには紆余曲折あるでしょう。

悲しみを知らないものは喜びを知らない。

苦しみを知らないものは、普通のありがたさをしらない。

 

愛とは磨かれて光り輝くのです。

 

人生の荒波にもまれたとしても、愛の存在はあなたと共にいます。 そしてあなた自身も愛なのです。

 

それに気付く事が出来れば、また新たな道が見えるようになるでしょう。

 

不思議な香りとメッセージ

先日、車を乗っている時に不思議な香りに包まれました。

この香りには以前にも包まれてことがあります。

『白檀の香り』

実は、この香りの実物を嗅いだことはありません。 でもイメージで白檀であることが私には伝わってきます。

この時私は

『この香りは以前にも嗅いだことあるなぁ~』

と思いながら、考えていると

『そうだ、ガネーシャだ!!』

と思い出しました。 私は白檀もガネーシャも実はあまり馴染みがありません。 ガネーシャさんについては以前同じ香りを感じた時に調べた時にガネーシャさんであることが解りました。

そしてガネーシャさんの香りである事に気づいた瞬間、私の体のなかに稲妻のように、エネルギーが入ってきました。 そのエネルギーは安らぎ、平和などを感じるものでした。

ガネーシャさんのエネルギーが私の身体に入ったのです。  

でも、私にはガネーシャさんは馴染みが無く、何を意図しているのかもさっぱり解りません。 解るのは、私の所に明確に分かる状態でいらっしゃったのが2度目であるということくらい。 思い出してみれば子供の頃も、このエネルギーの波長を感じたことがあるような気がします。

結構、私と波長があるのかも知れませんね。 でもなにぶん、ガネーシャさんの事をあまり知らないので・・・。

さてさて、前置きが長くなりましたが、今回のメッセージと言いますか、私が考えていたことについてガネーシャさんが伝えてくれたことを書きます。

ちょっと頭の整理中。

今回、ガネーシャさんがいらっしゃった時に私が考えていたことは、争いと平和の事でした。 私は、今の時代がなんとなく混沌とした世の中に感じていて争いと平和、安らぎの事について思いを馳せていました。

そんな時、

『争いは争いしかうまない』
『誰かを傷つければ、その傷の痛みをあなたも味わう』
『あなた達が、平和に対し祈り(感謝すれば)、その数が増えた時に争いの中の魂の意識にその思いは届くでしょう』

と言うことでした。

世界的な事件、争い。 日常生活の中の争い。

全ては、人々の中の相手を思いやる心の意識が低くなりつつある事が一つの原因。
自分さえ良ければ良い。 そんな考えを意識・無意識の領域で持ちつつある人々の増加。

そして殺伐とした世の中が形成されていく。

人間には自由に選択する意思を与えてあります。 それを有効に使うのか、私利私欲のために使うのか、それとも自分の生きる目的のために使うのかは自由です。 だれもなにもこの領域には干渉しません。
私達はただ、その機会を用意しているだけです。

あなた達が争いを選べば、それが現実になるでしょう。 あなた達が安らぎをもとめればそれも現実になるでしょう。 あなた達が心を閉ざせばそれも現実になるでしょう。 

全ては自由に選択出来るのです。

ただ私達は、その自由な意思を出来る機会を与えているのです。

そして私は安らぎを人々に感じて欲しいのです。 私達はそのためにいるのです。

いま世界中で様々な事が起きています。

争いは争いしか生みません。 自爆テロ等を行うまで追い詰められた人達もいます。
ある女性は、自分の身体に爆弾を巻きました。 それは自分のなかの怒りの感情を少しでも癒すためです。 但し、自分の身体に爆弾を巻いても少しも癒やされることは無いのは彼女も知っていました。 それでも彼女はそうするしかなかったのです。

彼女の家族は、空から降ってきた人間が作った悪魔により傷つけられました。 彼女は自分の子供3人を亡くし、そして兄も亡くしました。 彼女の怒りと悲しみが彼女を行動させました。

もしあなたが、あなたの大切な家族の命を奪われ、大切な人ともう二度と話すことが出来なくなり、独り残されたら行動をしますか。

『争いは、争いの連鎖をうみ、そしてまた争いをうむのです』 この争いは、争いをやめるまで永遠に続くでしょう。

争いは、悲劇しかうみません。 負の感情しかうみません。 それでも争うという選択をしますか。

あなたには、争わない選択をすることも出来ます。 あなた争わなず、相手を想いやることも出来ます。 あなたは他人を愛することが出来ます。 あなたは悲しみの人々を救う事が出来ます。

あなたにはそれらを選択する自由な意思を持っています。

私達はただ機会を与えているだけです。 選択するのは自分自身です。

チャンネル

今日はチャンネルの話。

時々、私は『チャンネル』という言葉を使うときがあります。
もうこの時点で何のことを言っているか、解った人はきっといつもいらしていただいている方なんでしょうね♪

この『チャンネル』とは何かというと、自分の状態を表す場合に表現する事があります。

例えば

『良いことチャンネル』

これは良いことを受け入れる体制が整っている状態で、多少の苦労や悪い出来事があっても『良い方向』として捉えることが出来る状態。

『悪い事チャンネル』

ネガティブになっていて、ちょっとしたことでも全て悪いこととして受け取る状態。

これは自分の『姿勢』『状態』がどの方向へ向いている時かに使うことがあります。

そして

『不思議チャンネル』

これは、理解できる人しか出来ない非科学的な事。(陽子力学の世界では徐々に科学的に理解されている。) 見えないものを感じたりする状態。

不思議チャンネルは、使える人と使えない人がいます。
でも基本的には全員が使えるチャンネルです。 よく『直感』という言葉を耳にすると思いますが、これもチャンネルが受信した結果、自分が意図しない考えが頭の中にひらめく事です。

チャンネルは自分で選択することが出来ます。 つまり自分はラジオのようなものです。 電波は無数に飛んでいます。 その電波の周波数に自分を合わせればそのチャンネルを受信できるようになります。

私がいつも使っているチャンネルは『8888』チャンネルです。
私は、8888と言う数字をほぼ毎日見ます。 多い日は一日に5回も見ることがあります。 これは私が『8888』という数字をみるチャンネルに合わせているために起きる現象です。 

自然には絶対に、一日に数回見るなんて事はないと思います。
私がそのチャンネルに『無意識』のうちに合わせているために起きます。 ここで無意識と言う言葉が出ましたが、実際、人々は無意識にチャンネルを選択しています。

ただ、無意識のため自分の精神状態に近いチャンネルに合わせてしまいますので、その精神状態の物を引き寄せその方向へ進んでいきます。

でも無意識ではなく意識的にチャンネルを選択する事が出来ます。 でも少し意識した生活を送る必要があります。 でもだんだん月日を重ねていけば自分が意識しなくても自動的に自分が選択したチャンネルに自分を合わせることが出来るようになります。

私のサイトのテーマの『HAPPY』と『元気』もそのチャンネルに自分を意識的に合わせる事が出来るようになれば、多少の出来事でもそれを乗り越える力になっていきます。

波長や波動と言う言葉がありますが、私が使うチャンネルもそれと同じようなものです。

チャンネルは意識的に合わせるようにすると良いですよ。

色々な側面

人には色々な側面があるのぉ。

明るい面。
暗い面。
神経質な面。
楽天的な面。
その色々なものが複雑に絡み合って、1人の人間が出来ているのじゃ。
そんな事は言わんでもわかるじゃと。
まぁまぁ、そう言わずに。
さて、あなたは大好きな人のどの面をみているかのぉ。
明るい面。
それとも反対の面。
よく考えてみると、あまり見てないめんがあるかもしれんじゃろ。
忘れてはいけんよ。
明るい面には、暗い過去や乗り越えて来たものがある。
暗い面には、大きな闇がある。
人は色々なものを持って生きている。
だから邪険にあつかったり、接してはいけんのじゃ。
いつも真摯に接すれば、お互いが気持ちよくなれるじゃろ。
最近、どうもこの事を忘れている者が目に付いて、わしもとしじゃの。
人を邪険にあつうと、すべて自分に返ってくるからそれは覚えておくとよいぞ。
全ては鏡のようなものだ。
但し、この鏡には時間の概念があり、すぐに返ってくる事もあれば、忘れた頃に返ってくる事もある。
おそろしいのぉ。
自分がした事が全て返ってくる鏡なんぞ。
でも恐れる必要はないぞ。
良い事をすれば、良い事が返ってくるのだ。 だから意識してよい事をし、意識して悪い事をしなければいいのじゃ。
難しくないのぉ。
そぉ、そぉ。
種をまくのじゃ。
良い種を蒔けば、それは鏡の世界を通って成長し良い花が咲くであろう。
今日は、この事を伝えておしまいじゃ。
でわ、またのぉ。

何かの役に立てば良い

何かの役に立てばよい。

誰かの役に立てればそれでよい。
それだけで良いじゃないかな。
あまり難しく考える必要もなかろう。
そう今の言葉でいうならばシンプルじゃ。
シンプルに考えればよい。
ほれ、そこにあるゴミを拾ってゴミ箱に捨ててあげなさい。
それだけで十分に役に立った。
それで十分でないか。
あなたは役に立ったと言えるじゃろ。
生きている意味なんて考えても仕方がない事ばかりだ。
あなたがいま呼吸をしている、それが生きているということだ。
そうそうシンプルに考えようではないか。
シンプルって良いのぉ。
ゴミを拾う捨てる。 それだけで役に立つ。
この地球上の人々がすべて、その行動をしたら地球からゴミがなくなるのぉ。
でも、ゴミ箱に入っただけといいたいのじゃろ。
ほれほれ、悪い癖じゃ。
シンプルに考えようでは、ないか。
そう、よその国にこんな言葉があるの。
『シンプルイズ・ベスト』
これは良い言葉じゃ。
これを心がけて生活をすれば、こんがらかった生活がシンプルになるのぉ。
良い事じゃ。
それでは、おいとましようかの。