自分はいつも自分と一緒にいる

今日、ふとしたきっかけで自分を振り返る事が出来ました。

 

最近、忙しくて自分をないがしろにしていた事に気付きました。

自分を大切にしなくても生きてはいける。 でも自分を大切にした方が色々な気付きの機会に出会えます。

 

自分にとって自分とは、いつも一緒にいてくれ、そして一番の理解者。

 

よく『自分が嫌い』と言う言葉を聞くこともあります。 でも自分が自分の事を嫌いで誰が自分の事を好きでいてくれるのでしょう。

 

でも自分の事を理解できるようになるのには時間がかかる。

おかしな話ですよね。 自分の事を理解するのに時間がかかるって。

 

でも世の中はそうなっているのかも知れません。

 

自分の前には道があり、そこを手探りで歩んでいく。 その過程で色々な経験をし気付き成長していく。

 

だから自分は常に変化しているし、その過程で自分に気付く事ある。

 

うまくいかない事もある。 うまくいかないことが続けば『自分が嫌になる』

 

私も時々自分の事を『このくそボケ!!』なんて卑下する事もある。 でもそうしても何も変わらないし、自分が可哀そう。

 

一生懸命やっているのを知っているのも自分。

 

だから自分を大事に一緒に成長していけばいい。

 

自分自身を大切にすれば、また気付きが一つ増えると思います。

引き寄せる法則(無限の力)は実在する

久々のブログになりました。

 

最近、体調が悪くあまり書く気がしなくて書いていませんでした。

 

今日は久々に書こうと思い、PCに向かっています。 書いていない間も『あ~、こう言うこと書きたいな』と沢山思っていました。

 

頭の中では色々な事が渦巻いて、でも出力しないからどんどんパンクして書かない。 その繰り返し。 まぁ、こんな時もあるさ。

 

さてさて、今日書こうと思うのは『引き寄せの法則(無限の力』は実在するのかと言うこと。 読んでいる方にはもうすでに経験済みで『あるある』と言う人も沢山いると思いますが、まだ未経験の方もきっといるはずです。

 

ですので私が経験した引き寄せ力のご紹介をしたいと思います。

①この景品は俺の物だ!!

 

以前、会社である大会がありました。 私は選抜されその支店の代表として出場しました。 私はあまりやる気がなかったのですが、仕事が終わった後にその大会に出場するための練習を毎日行いました。

 

そして大会前日。 私は『いやいや出場』するというスタンスは変わらなかったのです。『なんで私がやらなきゃいけないの』と・・・。

 

でも私は前日に見てしまったのです。

何を見たのかと言うと『次の日の大会の景品』です。

その中には以前から欲しかった20万円相当の高級テレビがあるではありませんか!!!

 

これを見た瞬間に私のなかであるイメージが沸きました。

そのイメージとは『次の日に大会で優勝して、そのテレビを家に持ち帰っている自分』です。

 

そして次の日の大会で見事優勝してそのテレビを家に持ち帰ったのでした♪

 

②就職難時代に理想の就職

 

私が以前、離職して就職活動をしている時の話。

私は、就職が厳しい時に、知人からの誘いがあり勢いで離職してしまいました。 でも離職した後に知人からの話がご破算になり無職に・・・。

 

さぁ、どうしたものかと思っていました。

私は何といっても高卒なので、求人誌をみても条件に『大卒』と書いてあると、かなりの条件が絞られなかなかいいお仕事が見つかりませんでした。 就職活動は難航しました。

 

でも私はこんなイメージを持っていたのです。

『東京駅の近く』『スーツを着ない』『会社の経営に近い部署』というイメージです。

 

高卒でこんな条件の会社に履歴書を送っても、履歴書を送り返される日々。 でもイメージだけはしっかり持っていました。

 

でもそんな仕事はない。

そしてある日『人事の募集』を見つけたのです。 ダメでもともと履歴書を送ったのです。 場所は池袋。 しかも人事ならスーツ着るだろうなと・・・。

 

まぁ、貯金もどんどんなくなっていくし、焦っていたので『どんな仕事もでもいいや』とも思っていました。

 

そして池袋に面接に行くと、ちょっと怖い感じの面接官の方でした。 私はダメ元なので遠慮なく色々な事を言うと、その面接官は

『君は人事と言うより、総務の仕事をしてみないか?』

私『??』

『君の話を聞いていると出来ると思う。 まだ募集は出していないんだけど、ちょうど東京駅の近くのオフィスで総務の欠員が出てね。やってみないか?』

 

私『ハイ、やります』

 

まったく違う角度から話が舞い込んできたので、なんのイメージもない状態で二つ返事。

 

そしてその職場に行ってみると、なんとみんなスーツを着ていない。 ベンチャー企業だったので営業職以外はみんなスーツではなかったのです。

つまりイメージ通り『東京駅の近く』『スーツを着ない』『会社の経営に近い部署』という会社に就職したのでした。(いまはその仕事を辞めて職人ですが・・・。)

 

③家探し

 

結婚もして子供も出来て家が手狭になったころに家探しをしました。 それまでは賃貸で家賃は12万円位。 まえから『家賃を払っても、なんの財産にもならないのに・・・。12万円だしたらローン組めるんじゃないか』と思っていました。

 

でも住んでいる地域は、駅から十分以内の所で奥さんのご意向で『この近くがいい』とのこと。 その当時私は奥さんほど家探しに乗り気ではなかったです。

 

なんでかと言うと家が高い!! 新築で5000万~8000万位。

『んなもん買えるか!!』

と思っていたからです。

私はもっぱら郊外の比較的安い場所で探していました。 でも奥さんは『今住んでいるこの辺がいい』と・・・。

 

この辺と言われる所は、駅周辺はマンションが立ち並び、戸建てが少ない地域。 そしてなかなか戸建て物件は出ない地域。そして中古でも高い。

 

お先真っ暗。 でも家を探して数年位経ったときに。

奥さんが『あなた探す気あるの?』と。

えぇ、探してますよ安いやつを、でも私の中でその時パッとイメージが沸いたのです。

『3年後に見つかるよ』

 

私の中では『3年後』『川のそば』『家の前の交通が少ない静かな場所』というイメージが沸きました。

 

そして3年後。

家探しにも疲れてきたころ、奥さんが子供たちをジジババの家に連れて行きお泊りして帰ってきたときに、机の上のチラシを見て『これ何?いいじゃない!』

私『えっ!』

 

『これよこれ』

 

私は新聞をとって、何気なくテーブルの上に置いていたんです。

古新聞の所にいれずに、奥さんが新聞をみるかなと思って。

 

そのなかに私が見ていなかったチラシが入っていたのです。

 

そして早速、その物件を見に行きめでたく中古住宅をGETしました。(新築は逆立ちしても買えません・・・。)

 

家の前は私道で一般の車は入ってきません。 川は見えませんが暗渠になり家の後ろを流れています。 そして何より以前住んでいたところから5分くらいの所。

 

奥さんの引き寄せ力と、私の引き寄せ力がドッキングした結果でした。

でも遥かなるローンの旅の最中です。トホホ

 

まぁ、簡単に例を挙げましたが、ほかにも様々な引き寄せの力(無限の力)を私は経験しています。

 

この力を上手に利用する方法をこっそり教えちゃいます。

それは!!

『疑わない事』『現実としてイメージする事』『イメージを繰り返すこと』

 

それだけです。

上手くいかない人は、心のどこかで

『そんなうまくいくはずないよ』

と思っています。

思っている限り上手く行きません。

この力を疑いなく信じる事が必要です。

 

そうすれば、上手に力を使えるようになりますよ。

 

私の場合は、就職の時も、家探しの時もすぐにこの力が発揮されたわけではありません。

 

色々な困難や挫折があったけど、忘れなかった。

それが成功への秘訣です。

 

忘れないことが大事です。

 

でわでわ

 

 

 

レールを自分で敷けばいい

自分が進むレールは自分で敷けばいい。

 

この世の中に人生のレールと言うものがあるならば、それを探しても見つからないだろう。

 

それは、レールは自分で敷いていくものだから。

 

目の前には、何もない白いキャンパスが広がっている、あなたはそのキャンパスに向かって自由にレールを敷くことが出来る。

 

だから、自分のレールを探してもどこにも無い。

 

自分でこれから敷いていくのだから。

 

どんどん自由に歩みながら敷けばいい。 時には間違う事もあるでしょう。 その時は、また違うレールをしけばいい。 そのレールを直してもいい。 全ては自由なのだから。

 

ゴールはどこにもない、それはあなたのキャンパスは無限だから。 どこまでも進めばいい。

 

あなたが進もうと思えば、どこまでも敷いて進めばいい。

大きな山があるかもしれない。 大きな谷があるかもしれない。

でもあなたはよく考え、自分が良いと思うところにレールを敷いて進めばいい。

 

時には脱線するかもしれないけど、そうなったらまた直せばいい。

 

どうぞ自由に歩みながらレールを敷いてください。 あなたの後ろにはあなたが敷いたきたレールが、今のあなたに繋がっています。

 

愛とは無限

愛は無限です。

 

愛は求めれば足りない物です。

私たちはこの世の中に、愛の存在によって産まれました。

 

私たちは自分の中の愛を表現するために存在します。

様々な愛があります。

 

ただ一つだけ確実に言えることは『愛は無限』と言うことです。

自分の中にある愛は、自分に愛がある限り無限の存在です。 その愛は大いなる存在と繋がり、無限に降り注がれています。

 

愛は求めると砂漠のように枯渇します。

愛は見返りを求めると消えてなくなります。

 

愛はただ与えるだけの物です。

 

愛を見返りをもとめず、与えることが出来ればその時、無限の愛に自分が繋がるでしょう。

 

そして気付くはずです。

『自分そのものが愛なのだ』と。

 

ただそこにたどり着くには紆余曲折あるでしょう。

悲しみを知らないものは喜びを知らない。

苦しみを知らないものは、普通のありがたさをしらない。

 

愛とは磨かれて光り輝くのです。

 

人生の荒波にもまれたとしても、愛の存在はあなたと共にいます。 そしてあなた自身も愛なのです。

 

それに気付く事が出来れば、また新たな道が見えるようになるでしょう。

 

ちょっと上がっていきませんか?

先日、子供の運動会の帰りにいつも仕事帰りにお参りしている地元の神社に行きました。

 

いつもは夜遅くお参りするので、敷地内には入らず鳥居の外から『いつも有難うございます。』とお参りしていますが、日中にお参りする機会はなかなかなく、いい機会だと思子供をつれてお参りしました。

 

子供は『なんでここによって行くの?』って質問しました。

『神様にご挨拶していくんだよ』と答えると『そうなんだ』と子供もお参りしました。

 

いつもは神主さんがいない神社なのですが、お参りした15日は『15日の大安』と言うことで神主さんがいました。

 

お賽銭をいれて『いつも有難うございます』とお礼をして帰ろうと思ったら、神社の中から神主さんに声をかけられました。

 

神主さん『お参り有難うございます』

 

私『いつも有難うございます』

 

そして失礼しようと思ったら

 

神主さん『今日は15日の大安で日よりもいいので、どうぞ上がっていきませんか? せっかくだからどうぞどうぞ』

 

と声を掛けていただいたので、上がらせていただきました。

 

神主さんは私のぶら下げているカメラをみつけ『折角だからお写真をとって差し上げましょう』と神前に子供と私を座らせて、写真をとってくださいました。

 

私のカメラは『その気にさせるカメラ』だったもので、神主さんも『おぉぉ、いいカメラですね。 プロの方ですか?』 と言いながらバシャバシャ写真をとり、結局30枚近く写真を撮ってくださいました。

 

とってもサービス精神が旺盛な方で♪

 

そんなこんなでお昼の神社に良いお参りが出来ました。

 

神主さんが声を偶然掛けてくださったのも、きっといつもお参りしている神様が『折角だからよっていきなさい』と言ってくださったような気がします。

 

とても良い神気を感じれた一日でした。

 

神様は目には見えませんが、存在を感じる事が出来ます。 そてい今回のように偶然を装って身近にいてくださる。 実に有難い事です。