やっぱり音楽はいいなぁ!!

やっぱり音楽は良いね。

 

最近、仕事が忙しくてなかなか音楽を聴く時間がなかった。

でも仕事中の移動中に聞いたラジオから流れてきた曲を聴いて『あっ、これ知ってる!』

 

でもタイトルはチェック出来なかった。

そこで私の『引き寄せ力』を発揮するしかなくなった。 ユーチューブをパラパラとチェックしていると

 

『ビンゴ!!』

 

なんと探していた2曲を見つけ出した。 それからはヘビーローテーションで聞いてる。

 

その2曲はこちら

 

糸 -  (中島みゆきカバー) bank band

 

 

Story -AI

 

なんかいいよね!

ワールドクラスじゃないかな!

最近、ユーチューブを見ていたら偶然 『ONE OK ROCK』と言う日本のバンドを知りました。

 

私はあまり日本のロックバンドには興味がなく、昔から洋楽ロックばかり聴いて育ちました。

 

そんな私もビックリのワールドクラスのバンドが日本にも居たなんて!!

それが『ONE OK ROCK』と言うバンドです。

はじめは映像をみないで流して聞いていたら

『なかなか良いロックバンド(洋楽)だな』って

思っていたら、映像をみたら

『!!』

髪の毛が黒い、しかも東洋人ぽぃ風貌だ。

『んんんん。 これはどこの国のバンドだ!』

 

と思って歌詞を聴いていると日本語らしき言葉が

『!! これは日本のバンドか!!』

 

と驚いてしまいました。

 

ボーカルの歌唱力、楽曲の素晴らしさ、そしてサウンド。

今までの『日本のロックバンド』の範疇を完全に飛び越して、まさにワールドクラスでした。

 

なんか初めて『Nirvana』を聞いた時の感覚を思い出しました。

 

とうとう日本のバンドもこの域まで達したのかとちょっと衝撃を覚えました。

 

ユーチューブにある動画をご紹介。

(ユーチューブより)

 

 

そしていま日本的なバンドとして世界で活躍しているBABYMETAL もご紹介。

リズム隊が一流で、コンセプトがいかにも日本的な感じのロック。 変り種って感じかな。

(ユーチューブより)

 

あと紹介ついでにNirvanaも動画があったのでご紹介。

(ユーチューブより)

 

 

 

それにしても 『ONE OK ROCK』は聞けば聞くほど、良い音楽だなって思います。

 

ギターでコピーはしようとは思わないんですけど、聞くには本当によい音楽。

ギターでひくのはもっぱら洋楽ロックばかりなもので・・・。

ついでにご紹介。 私がいつもギターで弾く十八番のバンド Extreme。

(ユーチューブより)

 

今日は音楽のご紹介でした。

ONE OK ROCKをまだ聞いたことが無い人は聴いてみてくださいね。

 

でわでわ♪

ユーチューブにはいい映像が沢山(卒業式編)

ユーチューブを旅していたら、こんな動画にたどり着きました。

おっさんは、年を取ったせいか涙もろくなっており、こういった動画を見ると涙がなぜかボロボロ出てきます。

 

デットクス効果!?

 

そんなおっさんのデットクスに役に立った動画を2本紹介です。


やれば出来る。

やってみればいい。 やれば出来る。 ダメで元々。 失うものなんてない。 出来ない理由を一生懸命考えるのはもうやめよう。


何でもやってみればいい。

やってみれば上手く行くかも知れない。 なにも考えず楽しめば良い。

出来ない理由を考えずに、ただまっすぐに取組めば良い。

 

小さなころは真っ直ぐだった。 大人になったらまっすぐに進むことがなかなか出来くなった。 でもまっすぐ大人も進めば良い。

 

この動画を紹介したい。 紹介したいのは2つの動画。

一つは、小さな少年のドラム。 大人真っ青なドラミングを披露している。 きっとまっすぐに取り組んだのだろう。

 

もう一つは、日本の少女。

ギターの超絶テクニックで有名なポール・ギルバート師匠の曲を見事にコピー。

よくギターを弾けなかった人がいう言葉。 『俺は手が小さいからコードが押さえられなかった』

この動画を見たら、手の大きさがギターとは関係ないことが解る。

一番大事なことは『どれだけやる気をもって楽しんで真剣に取り組んだか』だ。

 

挑戦すればやれる。

やってみれば良い。

 

何事もダメで元々。 失うものなんて本当は何も無い。

青春パンク!!?

先日、地方営業所から研修で来ているS君と話している時『青春パンク』と言う言葉が飛び出してきた。

 

話を聞いていると、S君は20代の頃、友達と上京して5年間位バンド活動をしていたとの事。 その時にやっていたジャンルが『青春パンク』だそうだ。

 

おっさんには『青春』と『パンク』結びつかない。  私の場合パンクと言えばセックスピストルズなどが連想され、どっちかというとアナーキーなイメージなのだ。

それが何と! 『青春』とはなんぞや!! とちょっと驚いてみた。

 

私はロック好きなので、パンクはあまり馴染みが無いけれど、5年もバンド活動をして頑張ったS君は偉いと思う。

 

『わが人生に一遍の悔いなし』Byラオウ

 

では無いかな。 なんでもチャレンジしてみることは大事だよね。 S君もいまは全く関係ない業種の会社に入って2年半頑張っている。

 

でもこうも言っていた。

『地元に帰ってからはバンド活動をしていないけど、ストリートで歌が歌えればいいんです』と。

 

やっぱり何か歌で伝えたいと思っているようです。 頑張れ。

 

ところで『青春パンク』で検索してみたらこんな感じらしいのでご紹介。

 

(ユーチューブより)