ベストを尽くせばよい

ベストを尽くせばよい。

 

この世の中に完璧なものなど存在しない。

完璧なものつまりそれは永遠であり、一つの存在である。

 

物質社会には残念ながら完璧なんてものはぞんざいしないのじゃ。

ただ、己の力を思う存分発揮すればいいじゃろう。

 

いまの言葉でいうとベストを尽くす。

それで良いのだ。

 

そのときにより、体の不調もあるだろう。 精神的に乗らないときもあるだろう。

その時々に応じ背伸びせずただ、自分の力を発揮すればよい。

 

決してそれ以上を求めてはならぬ。

それ以上を求めるとそれ以下になる。 その時の己の力を思う存分発揮すれば、己の思うよりすごい力を発揮するじゃろ。

 

完璧などはもどめず。 ベストを尽くせばそれでよいのはないかな。

 

己の中にはそれ固有の力がある。 上手に引き出せばよい。

自分を信じればよい。 己が思うより底知れぬ力があるものじゃぞ。

 

今日はこの辺にしとこうか。

また機会があれば。